【現役ICU生が語ります】ICU(国際基督教大学)などの国際系大学に行けば英語ができるようになるの?

 

こんにちは。

国際基督教大学(通称ICU)の大学生4年生、びよんど(@helahelao)です。

 

 

・ICU(国際基督教大学)って英語が強いって聞いたんだけど実際どうなの?

・自分は将来国際的に仕事したいんだけど、大学も国際系(東京外大、秋田国際教養、早稲田国際教養学部、ICUなど)に入学したほうがいいのかな?

・英語できるようになりたいのでICUに編入したい!

 

という声に応えるべく、現役ICU生(国際基督教大学)の僕が「ICUに行けば英語ができるようになるの?」を書いていこうと思います。

 

この記事でわかること

・国際系大学に行っても、英語の勉強する努力は必要

・ICUにある贅沢な英語学習環境

・本気で英語できるようになりたい人へ向けた留学の勧め

 
 







 
 

 

 

スポンサードサーチ

結論:ICUに行けば英語ができるようになるの?答えはNOです。

 

 

いきなり結論ですが、ICUに行っても英語ができるようにはとは限りません。

「英語話せるようになりたい」とギラギラしてる受験生や編入候補生の方には申し訳有りませんが、現役ICU生の僕は英語をネイティブ並みに喋れるわけでも、TOEICで満点取れるわけでもありません。ICUの友人や先輩でも「留学行きたくない」「英語人前で喋りたくない」という人も一定数います。

しかし、海外経験がない日本人が英語をできるようになる日本一の環境は整っていると言えます。問題はその環境を生かす努力ができるかどうかという点です。

 

ICUの英語学習環境を使い倒せ!:ELAと留学制度

 

ICUの留学プログラムの1つの交換留学に来ています。

 

現役ICU生の僕が自身を持って紹介できるICUの英語学習環境はELAと留学制度です。

詳しくは、【英語で突き抜けたかった】僕が早慶ではなくICU(国際基督教大学)に決めたICUの3つの特徴で解説しているのでそちらもお読みください。

【英語で突き抜けたかった】僕が早慶ではなくICU(国際基督教大学)に決めたICUの3つの特徴

2018.02.12

 

ICUの最強の英語学習環境1:ELA

 

ICUの1年次の必修科目のELA

 

ICU(国際基督教大学)は一年生が必ず受けなければいけないELAという必修授業があります。

 

「リベラルアーツ英語プログラム(ELA: English for Liberal Arts Program)」は、学生の英語力を向上させると同時に、ICUで効果的に学ぶための思考力と技術を養う、リベラルアーツへの重要な導入教育です。

授業では、「異文化間コミュニケーション」や「生命倫理」などのトピックに関連した文献を読み、議論し、小論文を書くといった学術活動に取り組むなかで、独創的、批判的、主体的に考える力を身に付けていきます。さらに、すべて英語で行われる授業に参加することで、大学で必要となる実践的な英語力を磨きます。

引用:公式サイト

 

純ジャパ(国際経験のない日本人)でも1年間で、海外の大学院に入学、授業を履修できるようにするための鬼の英語プログラムです。

一年で受験勉強しかしてこなかった僕のような高校生が、英語で論文を書いたり、アカデミックなプレゼンをできるようにするための鬼英語必修クラスです。日本語を喋ったら減点、学期の最後に必ず2000文字以上の論文を書かないといけないなどタフです。

帰国子女がクラスにも多い中、何度も「帰りたい」と思っていました。徹夜で同じように英語できない友達と勉強したり、とにかく課題をこなすのが遅い分、図書館にこもってひたすら英語論文を読むなどしました。

そのとき頑張ったおかげで、今ドイツの大学で発言し、留学生と議論し、単位を取れていると思います。

 

ICUの最強の英語学習環境2:豊富な留学制度

 

 

ICUには多大と比べてもかなり多くの留学制度があります。対象学年、内容、期間などもそれぞれで、自分の目的に合わせて留学を選択できます。

ICUの公式サイトに乗っている留学制度をざっとあげてみました。

【英語運用能力を伸ばす】 海外英語研修(SEA)プログラム

海外英語研修プログラム(Study English Abroad Program、略称SEAプログラム)は 夏休みを利用し、異文化体験をしながら集中的に英語学習ができるよう考えられた研修プログラムです。

 

【興味ある分野を学ぶ】 夏期留学プログラム

夏休みを利用した短期留学プログラムです。英語で専門科目を学んだり、第二外国語を学んだりします。

 

【興味ある分野を学ぶ・学びを海外で生かす】 夏休みに実施するプログラム

夏休みには、授業として開講される「海外フランス語研修」(4週間)、「海外日本語教育実習」(3週間)に参加することができます。現地で異文化交流をしながらの集中研修は大きな成果をもたらしてくれます。

 

【学びを海外で生かす】 国際サービス・ラーニング

サービス・ラーニングは、国内外でさまざまな人々と実際にかかわりながら、貢献を考え実践するプログラムです。そのうち、国際サービス・ラーニングは中国、韓国、東南アジア、インドのパートナー大学・機関のプログラムに参加し、現地のNGOや公的機関でサービス活動(奉仕/ボランティア活動)をおこないます。

 

【学びを深める】 交換留学・海外留学

現在、23カ国72大学(2018年1月現在)と交換留学協定を結び、1学年620名に対し約4人に1人の交換留学枠が設けられています。また派遣のみの海外留学プログラムとして,2団体(非営利教育団体IESおよび CIEE)14カ国の16プログラムがあります。

引用先:https://www.icu.ac.jp/academics/global/

 

僕は海外英語研修(SEA)プログラムでカナダのバンクーバーへ交換留学プログラムで現在ドイツのミュンスターに留学しています。

海外英語研修(SEA)プログラムではいろんな国の友達を作って楽しみながらがっつり英語漬けの毎日を過ごし、

交換留学プログラムでは英語で自分の専攻の学びを深めています。

 

スポンサードサーチ

ぶっちゃけ英語喋りたいならICUでなく独学でもできる

 

 

贅沢な英語環境に恵まれているICU(国際基督教大学)に4年通っている僕が思うのは、ぶっちゃけ「ICUや国際系の学部に行ってなくても英語はできるようになる」ということです。

HLAB(公式ページ)の大学生運営委員をやった時に、国際系の学部にいないのに自分より英語が堪能な日本人大学生にたくさん出会い、「英語は自分の意識次第」ということを痛感しました。

ICUの授業は英語を手取り足取り教えるのではなく英語ができる前提で授業が進みます。受講していてた専攻の経済と教育の授業の半分は英語開講でした。なので、英語ができないと単位が取れないんですね。なので、必死に英語を「使えるようになる」ための勉強を独学でしていました。

詳しくは、【英語を独学したい全ての人へ送る勉強方法】僕がギャルに発音をバカにされてから、英語を苦なく話せるようになるまで使ってきたおすすめ参考書と勉強方法を徹底解説海外の大学で英語で授業を受けられるレベルまでいける英語独学法、参考書を紹介しています。

【英語を独学したい全ての人へ】ギャルにバカにされてから、英語を苦なく話せるようになるまで使ったおすすめ参考書と勉強方法【全ての参考書に詳しい使い方を解説】

2018.03.28

また、「とにかく英語を1日でもはなく喋りたい!」という方には【英語を話したい純ジャパに告ぐ!】半年でできる純ジャパによる純ジャパのためのネイティブと対等に渡り合うまでの英語勉強法ロードマップ半年で本気で英語をしゃべれるようになるための独学勉強法を解説しています。

【英語を話したい純ジャパに告ぐ!】純ジャパのためのネイティブと対等に渡り合うまでの英語勉強【半年で話せる】

2018.05.23

 

本当に英語できるようになりたいなら、さっさと海外大学に進学、留学するべき

 

 

三年前のICUに入学を決めた僕にも言いたいのですが、「本気で世界で活躍したい、英語ができるようになりたいなら日本の大学なんか行かずに海外大学進学しろ!」ということです。

ドイツに留学している僕の環境は、英語ができないと

・単位取れなければ、友達もできない。

・自分のやりたいとと、思いを人に伝えられずわかってもらえない。

・端的いうと話にならない

 

という状況です。おかげで日本にいた時より確実に英語力は上がっています。1日中英語、もしくはドイツ語しか使わない日もザラにあります。

やはり、本気で英語やりたいなら、さっさと覚悟決めて海外大学に留学するべきです。

【1000人に1人の事を成したかったらまず10人に1人の事を】ドイツ留学ラボの管理人でアーヘン工科大に通うせいじさんと飲みに行ってきたで高専からドイツのアーヘン工科大学に進学した井上さんのインタビューしています。海外大学進学のイメージが湧きやすいと思います。

【1000人に1人の事を成したかったらまず10人に1人の事を】ドイツ留学ラボの管理人でアーヘン工科大に通うせいじさんと飲みに行ってきた

2018.03.26

 

スポンサードサーチ

まとめ:ICUにいけば英語ができるようになるの?

 

以上記事のまとめです。

 

まとめ

・ICU(国際基督教大学)に行くだけじゃ意味がない

・ELA、留学制度など贅沢な英語環境を使いこなせるかどうか

・独学でも英語は伸びる

・本気ならさっさと海外留学行こう

 

この記事を読み終わった方へおすすめ

 

 

【英語を独学したい全ての人へ】ギャルにバカにされてから、英語を苦なく話せるようになるまで使ったおすすめ参考書と勉強方法【全ての参考書に詳しい使い方を解説】

2018.03.28

 

【英語を話したい純ジャパに告ぐ!】純ジャパのためのネイティブと対等に渡り合うまでの英語勉強【半年で話せる】

2018.05.23

 

 

【留学やワーホリ前にせめてこれだけはやってほしい】海外で恥を書かない最低限のおすすめ英語参考書と独学勉強方法まとめ

2018.05.09

 

  • びよんどの詳細プロフィールおばあちゃんに褒められまくって調子に乗っていた幼少期から、全てがうまくいかない高校時代を経てドイツ留学している現在を書いています。

 

野尻悠貴(びよんど)のプロフィール〜失われたビヨンドを取り戻す〜

2017.12.03

 

疑問質問などあれば、ツイッターのDMか(こちら)、お問い合わせ欄までお寄せください。










シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 Twitterも毎日更新中。