【強制送還になりかけた】ドイツの学生ビザの取得方法〜最新版(2018年度)〜をドイツ留学中の僕が徹底解説します

 

こんにちは。

ドイツ留学中の大学生、びよんど(@helahelao)です。

・ドイツに留学したいんだけど、ビザの取り方が複雑そうでわかりやすい説明が欲しい。

・ドイツのビザの情報が少なすぎて萎えてる。

・ビザ含め、ドイツに渡る前に日本でやっておくべきことを知りたい。

こんな声に応えるべく、半年前(2018年6月現在)にビザを取得したばかりの僕が、あやうく強制送還になりかけた自分の苦い体験談も含めてビザで失敗しない方法を語ります。

 

この記事を読み終わるとわかること

・ドイツ留学の際に必要なビザの取得の流れ(最新情報)が「日本でやること→ドイツでやること」の順でわかる

・僕が実際にドイツでビザを取得する時につまずいたポイントと解決策がわかる

・ビザ以外でも日本でやっておくべきことがわかる

ビザ取得条件は留学する地域によって微妙に異なる場合があります。僕は自分の留学しているミュンスターの現地情報と領事館の公式ホームページを参照していますが、念のためご確認ください。







 

学生ビザはドイツに行ってから取れる

 

 

ドイツでは日本人は優遇されていて、90日以内であればビザなしで入国することができます。

そのため、日本で必要書類を準備しドイツで入国から90日以内にビザを取るという流れになります。

ドイツに来る前に日本でもビザを取れる(公式ページ参照)のですが、銀行のめんどくさい手続きがあったりビザ受け取りは結局ドイツなので、僕も周りの友人もみんなドイツで取得しています。

日本でビザを取ろうとして失敗してしまったNちゃんのインタビュー、ドイツ大学にドイツ語資格なしで英語だけで格安で単位互換もできる留学ができる?マンハイム大学に留学中にNちゃんにインタビュー参考にしてください。

ドイツ大学にドイツ語資格なしで英語だけで格安で単位互換もできる留学ができる?マンハイム大学に留学中にNちゃんにインタビュー

2018.04.12

 

ドイツ学生ビザ取得のために日本で準備すること

 

 

留学期間内をカバーするパスポート

 

当たり前ですが、パスポートを取得してください。

そんなのわざわざいうことか!と声が聞こえてきそうですが、注意してほしいのはパスポートの有効期限です。

有効期限に余裕がないと(ドイツ入国日から最低90日以上は少なくとも滞在できる)そもそも入国できないので必ずチェックしてください。

 

ドイツの大学・語学学校などの入学許可通知原本

 

留学する大学、語学学校の入学許可書をもらいましょう。

僕の場合は郵送で日本で通っている大学に送られてきましたが、PDFで送られてくる場合もあるかもです。

いずれにせよ、受け入れ日とプログラムの終了日が記載されているか確認してください。

 

日本の大学の成績表

 

ミュンスターでは、自分が通っている大学の成績表のコピーも求められました。

自分でパソコンからコピーできると思いますが、念のため日本からコピーしておきましょう。

 

親の収入証明書はもう使えない(2018年6月現在)

 

僕がビザを取得した2017年12月までは、「親の収入証明書(経費負担誓約書)」を日本の大使館で発行し、ドイツの外国人局に提出することが条件でした。

これは、ドイツに留学しにくる学生がドイツで生活するのに十分な資金を持っているかを図るためのものですが、2018年以降提出はできなくなりました。

そのため、銀行口座をドイツで作り、在予定の全期間につき月額720ユーロ以上を預けることが必須になっています。(後で詳しく解説します)

他のサイトでは、この親の収入証明書(経費負担誓約書)を使えると記載されていることもあるので注意してください。

 

ドイツ学生ビザ取得のためにドイツで準備すること

 

 

外国人局でドイツの住民登録をする

 

ドイツに来てまずはじめにすることは、外国人局で住民登録をすることです。

必要なのは、住所とパスポートと入学許可書。この住民登録表がこの後申請する、保険、銀行口座などに必要になっているのでなるはやでとりましょう。

 

ドイツの保険に加入する

 

ビザの取得のためには、ドイツの現地の保険に加入しなければいけません。僕はAOKという民間の保険会社に登録しています。

相場はだいたい月90ユーロかかります。痛い出費ですが加入しなければなりません。

必要なのは、パスポートと住民登録表です。

 

ドイツの銀行口座を開設し、口座に十分なお金を入れる。

 

現地の銀行口座を開設しなければいけません。僕はSparkasseという銀行を使っています。

どの銀行でもいいのですが、ビザ取得のために銀行口座を開設しなきゃいけないのに他の銀行ではビザがないと開けないと言われたので、Sparkasseにしました。

また、この開設した銀行口座に滞在予定の全期間につき月額720ユーロ以上を入金します。つまり、1年の留学であれば8640ユーロ(約100万円)を入金しておかなければいけません。

日本から送金することになると思うので、詳しくはこちらでネットの送金方法(手数料の安いTransferWiseです)をご確認ください。

また、紹介したのはミュンスターの外国人局で支持されたやり方です。

他にも奨学金の証明書があれば大丈夫な場合や、Blokec accountという引き落としに制限があるアカウントに入金する方法もありますが、僕はそれを経験していないので詳しくは領事館公式サイトでご確認ください。

 

ビザ用の写真2枚

 

最後に必要なのはビザ用の写真2枚です。

外国人局で撮影できる場所があるので心配しなくて大丈夫です。上記の書類を揃えると、ビザが仮発行され、一ヶ月後に正式なビザが郵送されます。

 

僕のビザ取得失敗談:ドイツで学生ビザを取るにあたり気をつけて欲しい2点

 

Curler Hairstyle Woman Facial Expression Girl

 

偉そうに語ってきましたが、僕自身ビザを危うく取得できなくなり、強制送還になりかけるところだったので、その経験から気をつけて欲しい2点をお話しします。

 

とにかく早め早めに動くこと

 

僕の一番の失敗は油断しすぎたことでした。ドイツに来てから90日まではノービザで過ごせるので、安心していました。

銀行口座や住民登録にも初めてだし、住居もなかなか決まらなかったし、みんなドイツ語を使うので戸惑って時間を食いました。

留学生活にも毎日の授業、友達との飲みに合わせるので精一杯で気づいたらビザ取得期限まで2週間。しかも、ビザを取るためには特別な予約が必要で枠がラスト一枠と絶対絶命の状況でした。まじで、ビール飲み比べなんかしてる暇なかった。

悪いことは言わないので、ビザを取ることを最優先にして欲しいと思います。できると思っても、ドイツは日本の常識が通じません。1つ書類忘れただけで、「一時間後に出直します」は認められず、「次の営業日で」と必ずなります。そうやって全ての作業が後手後手に回っていくので、とにかく早く動いてください!

一歩遅れていたら僕は完全に強制送還でしたね(笑)

 

ドイツ人の頼れる友人を持つこと

 

また、ビザ発行の際にいかなければいけない外国人局は英語ではなくドイツ語で手続きする場合がほとんどです。

しかも手続き系のドイツ語なので、レベル高いです。間違いがあってはいけない大切な手続きなので、できればドイツ人の友人に同行してもらえると心強いですね。

僕は幸い、バディ制度という留学生1人につき1人にドイツ人学生がボランティアでついてくれるという制度があり、その人に同行してもらいました。というかその人に尻をたたかれてビザ取らなきゃやばいとなりました(笑)

 

ビザ以外で学生が日本でやるべき語学の準備

 

ビザのことを語ってきましたが、語学の準備もビザと同じくらい大事です。僕はドイツ語の単語、文法をおろそかにしてドイツに渡ったため、日本でもできるインプットの勉強をこっちでやっています。

それはとても勿体無いし、ある程度できておかないと日常生活に支障をきたします。

 

【ドイツ語初心者の第一歩から解説】ドイツに留学している僕が独学でドイツ語初級(A1,2,ドイツ語検定3級レベル)を攻略する際に使ったオススメ参考書と勉強法ではドイツ語の初心者を卒業する最短独学勉強ルートと参考書を紹介しています。

ここまでやれば最低限のドイツ語インプットは完了し、留学が有意義なものになるでしょう。

【ドイツ語初心者を独学で最速で卒業】独学でドイツ語初級(A1,2,ドイツ語検定3級レベル)を攻略する際に使ったおすすめ参考書と勉強法

2018.03.30

 

また、ドイツ語ができなくても最低限の英語はせめてマスターしていきましょう。【留学やワーホリ前にせめてこれだけはやってほしい】海外で恥を書かない最低限のおすすめ英語参考書と独学勉強方法まとめでは、留学前に必要な最低限の英語学習を開設しています。

【留学やワーホリ前にせめてこれだけはやってほしい】海外で恥を書かない最低限のおすすめ英語参考書と独学勉強方法まとめ

2018.05.09

 

ドイツの学生ビザで取得で失敗しない方法まとめ

 

まとめ

・ 早めに動く

・ドイツ人に付き添ってもらう

・事前の語学学習もきちんとする

 

 

この記事を読み終わった方へのおすすめ記事

 

 

【英語のみでいける?】英語圏ではなくドイツ留学に決めた、ドイツで学ぶ5つのメリット

2017.12.24

 

【ドイツ語初心者を独学で最速で卒業】独学でドイツ語初級(A1,2,ドイツ語検定3級レベル)を攻略する際に使ったおすすめ参考書と勉強法

2018.03.30

 

 

【英語を独学したい全ての人へ送る勉強方法】僕がギャルに発音をバカにされてから、英語を苦なく話せるようになるまで使ってきたおすすめ参考書と勉強方法を徹底解説

2018.03.28

 

【英語を話したい純ジャパに告ぐ!】半年でできる純ジャパによる純ジャパのためのネイティブと対等に渡り合うまでの英語勉強法ロードマップ

2018.05.23

 

 

【留学やワーホリ前にせめてこれだけはやってほしい】海外で恥を書かない最低限のおすすめ英語参考書と独学勉強方法まとめ

2018.05.09

 

  • びよんどの詳細プロフィールおばあちゃんに褒められまくって調子に乗っていた幼少期から、全てがうまくいかない高校時代を経てドイツ留学している現在を書いています。

 

野尻悠貴(びよんど)のプロフィール〜失われたビヨンドを取り戻す〜

2017.12.03









シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 Twitterも毎日更新中。