【全ての英語を独学したい人へ】僕が偏差値48から独学で英語を運用できるまでに使ったおすすめの参考書、教材、英会話サービス、勉強方法の全て

 

こんにちは。

ドイツ留学中のびよんど(@helahelao)です。
突然ですが、みなさんはこんな感情を抱いたことはありませんか。

中高の6年間、受験勉強、大学、社内研修で人生の中の膨大な時間を英語の学習に捧げてきたのに英語に苦手意識がある。
英語を勉強したいが、あまりお金をかけたくない。

今日はそんな悩みに答え、皆さんが人生の中で割いてきた英語学習の膨大な時間を殺さずに、どのようにすれば英語が喋れるのようになるのか

それもお金をかけずに独学で英語学習をする方法を紹介したいと思います。

 

この記事を読むと分かるようになること

・中高や受験勉強でしてきた英語学習から、どのように勉強すれば「英語を運用できる」レベルになるかわかる。

独学でかなりの部分までは英語が喋れるようになることがわかる。

自分の英語学習の当面の道筋がわかる。

今の自分に最適な英語参考書、サービスが何かわかる。

 

 

当記事での英語勉強方法について
以下で紹介する参考書、勉強法は高校二年時に英語偏差値が48でそこからほぼ独学で、早慶ICUに英語が得点源になり現役合格、センター試験190点(本番)、英検準一級合格、英検一級筆記合格、塾英語講師として大学受験生を一年間教える、ドイツの大学で英語で専門科目の授業を受けるまでに至った参考書マスターを自称する僕の独断と偏見によるものです。あらかじめご了承ください。

 

さくっと読める目次

はじめに:英語学習においてこれだけは抑えてほしい2点

具体的な参考書の紹介に入る前に、英語学習においてこれだけは抑えてほしい2点をお伝えします。

 

英語学習はインプット(単語、文法、例文)👉アウトプット(会話、読解、留学、オンライン英会話)の順

 

 

 

この記事では英語を留学先や海外で運用(アウトプット)することを目指した勉強法を解説しています。

そのためには、必ず基礎となるインプットの部分(単語、文法、例文)を九割型完璧にしてから会話や読解などのアウトプット練習(留学やオンライン英会話)に入ってください。

なぜかというと、僕らはネイティブではないので、頭の中で「日本語→文法や単語のインプット知識を使う→英語」の変換を行う必要があり、インプット知識が全ての土台になるからです。

英語を喋れる状態とは、このインプット知識を使い、日本語を超高速で英語に変換できる力だと思っています。

なので、まずインプットに取り掛かり、そこからアウトプット練習に入ってください。

 

常に音を意識して勉強する

 

 

東進ハイスクルールの名物講師、安河内先生も「音読」中心の英語学習を勧めていますが、僕も「音」には常に触れることが大切だと思っています。

ネイティブの英語を聞いて発音練習してないと、きちんとした発音が出来なくて聞き取ってもらえない、ネイティブの発音を聞き取れないことも起こります。

せっかく自分の時間を投資して勉強したのに、その勉強が会話に繋がらなかったら悲劇です。

それを避けるためにも、必ずCD付きの参考書を買って耳から英語を取り入れることを習慣にしましょう。

単語や構文を覚えるときに、一回でもCDを真似て発音する。この一手間が中高での勉強を生かせる人と、生かせない人との大きな差になっていきます。

 

勉強を始める前にどうしても抑えてほしいこと
  • インプット→アウトプット学習が基本
  • 音とともに英語を学習し、後につながる勉強をする

 

参考書の使い方ガイド

 

以下に「単語」、「文法」、「例文」、「会話」、「読解」、「リスニング」、「作文」の参考書を上げていきます。

各項目は、

インプットパート
「単語」、「文法」、「例文」

 

アウトプットパート
「会話」、「読解」、「リスニング」

に分かれています。

上述の通り、当サイトではインプットパートの「必修レベル」を全てを完璧にしてからアウトプットに移る前提で話を進めます。よほどインプットに自信がある人以外はインプットから進めてもらえるといいと思います。

各項目、参考書の仕上げ方はそれぞれ記載しているので、それで達成度を図り90%を超えたらその参考書、分野は一旦終えて大丈夫です。

それではいきましょう。

 

単語

 

単語の学習方法

 

単語はすべての語語学習の肝です。

この部分はできるだけ早く、一冊の参考書をやりきることだけを考えてください。

基本的な覚え方は1日100語ペース(ここは個人差あり)で進めること。(所要時間30-60分)

順に頭に入れ(英語👉日本語訳言えるか)10語ずつ振り返る。それを繰り返して、70%の完成度を目安に1日に100個ずつ頭に入れていってください。CDをかけて発音を確認することも忘れないようにしましょう。

1周目はキツイですが、これを3周、4周と繰り替えいしていくうちに次第に楽になっていきます。

だいたい必修の単語帳に記載されている単語は2000個。20日で一週(1日100語)。5周(約三ヶ月)で覚えきる形です。もたもたしていても始まらないんで高速で回して覚えてください。

2000語あれば、海外の大学の講義にもなんとかついていけるくらいの語彙と言えます。逆にこれがないと何も始まりません。単語と文法の知識があって初めて英語学習は楽しくなるし、戦えるようになる。

語呂でもポストカードなど自分で工夫してとにかくやり切りましょう。

単語学習のポイントと達成度の測り方

・学習ポイント:とにかくやりきる。1日100単語など数を決めてスピード重視でどんどん回していく。

 

・達成度の測り方:英語訳を見たときにその単語の意味1つを1秒以内に言える状態

 

システム英単語Basic(必修レベル)

 

 

 

システム英単語は僕が受験生時代から使っている単語帳です。

個人的には一番お勧めします。理由は厳選されたワンフレーズの例文の中で単語が覚えられ、CD(別売り)はそれを生かしリスニング力と単語力を同時にあげてくれる工夫がされているから。

単語だけ覚えるより、他の文章と混ぜて文脈で覚えると圧倒的に単語学習がはかどるのですが、このシステム英単語はその例文のレベル、長さが絶妙です。CDもその例文も収録され、かつCDに合わせて発音練習できるように工夫されています。

他の参考書も例文はついていいますが、やたら長かったり、極端に専門的な語彙が入っているなど、使いにくい場合が多いです。

Basic編だけだと心もとないので、ゆくゆくは1つ上のレベルの「システム英単語」が必要になります。

Basicが簡単すぎるよという方はいきなり普通のシステム英単語から取り組まれてもいいと思います。

 

 

ターゲット1900(必修レベル)

 

 

シス単と同じくらい有名な覚えるべき単語が厳選されている単語帳。アプリもあって使いやすいと思います。

ただ上で述べたシス単のような短文で覚える工夫がされてないので、その部分で僕は使いませんでした。

しかし使う単語帳は好みの問題です。ターゲットの方が合うという人もたくさんいます。シス単とターゲットどちらかやれば問題ないので、とりあえずやりましょう。

パラパラめくってみて難しそうだったら、1つレベルを落としたシリーズの1000や1400を使ってみてください。

 

 

 

速読英単語:必修編(必修レベル)

 

 

左ページで覚えた単語をすぐ右ページの長文で使い覚えましょうという単語帳。

ちょうど良いレベルの長文の中に覚えるべき単語がちりばめられており、単語が頭に入りやすいです。CDもついているので絶好の読解、リスニング参考書になります。

僕は、「単語を覚える」だけにフォーカスすると少し使いにくい印象があったので、僕はシス単を使っていましたが名著の1つです。

といっても速読英単語はリスニングでもかなり力を発揮するので以下で再掲します。

 

以下からは単語学習の上級編です。必修レベルの単語学習を終えたら、文ひとまず法、例文、そしてアウトプットに向かってください。今は下の部分は無視して大丈夫なんですが、

留学やMBAに行きたい方、TOEICやTOEFLを受ける方は必修レベルを土台の上、さらに参考書が必要になります。

アウトプット練習と同時並行で自分の目標に合わせて単語を学習していただければと思います。

 

TOEFL、IELTSを受ける場合:(上級レベル)

 

 

留学するときにTOEFLとIELTSのスコアが必要だったので、この参考書で勉強してました。

海外大学留学するために必須のTOEFLとIELTSですが、アカデミック(学術的)な単語が多く出ます。大学は学問するところですからね。この参考書はアマゾンでレビューが超高かったので買いましたが、CD付き、巻末にビジュアル付きで単語を整理できる付録付き、一冊やればTOEFL,IELTSのアカデミックな単語にも対応できるようになります。

 

TOEICを受ける方:速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

 

後ほど紹介する速読速超シリーズのTOEIC編です。

この参考書は何がいいかというと、単語帳なのに音の部分に特化していて、CDが工夫されている部分です。

速読英単語のように左ページにTOEICに特化した単語、右ページに長文(TOEICで使用されている文が多い)が乗っていて、単語を覚えながら読解、そしてリスニングを勉強できるということでまさにこれ一冊でTOEIC試験対策できてしまいます。

 

MBAなどビジネス方面へ行く方向け

 

 

経済、ビジネス系の英語の論文、記事を読まないといけなくなったので買ったこれまた速読速聴英単語シリーズです。

これはビジネスの単語に特化していて、MBAや僕のように経済、経営専攻で留学しようという方におすすめです。

実際に、英語の新聞記事が乗っており、その中から大事な単語を抜粋して覚えられます。背景知識も身につきますし、これのCD聞いていたらドイツでの授業の理解度がぐんと上がりました

文法

 

文法の勉強方法

 

文法も単語と同様にしんどいけど英語学習の土台になる部分です。これを終えれば世界数十億人の人とコミュニケーションを取れる土台になるのでなんとかがんばりましょう。

文法の勉強は基本インプットとアウトプットの繰り返しです。

インプット用の参考書で勉強し、その後すぐ該当分野をアウトプット用の参考書で学習します。

関係代名詞を勉強するなら、映像授業や参考書の関係代名詞の部分を熟読してインプットした後すぐに問題集でアウトプットします。3周くらいこのサイクルで回して、最後に問題集だけでスラスラ解けるようになれば合格です。

以下に中学レベルからの文法のインプットとアウトプット用の参考書をあげます。

久々に文法を勉強される方は、関係代名詞や分子の部分でつまずく方も多いと思うので、やばそうなところからしらみつぶしに取り組んでください。

中高での蓄積によってどのくらい早く終わるかが変わってきますので、自分のレベルに合わせて参考書を使ってください。

 

文法の学習方法と達成度の測り方
・学習方法:インプットしてからアウトプット繰り返す

・達成度の測り方:インプット用の参考書見ずにアウトプット用の問題集を九割正解できればOK

 

文法インプット参考書1:スタディサプリ(必修レベル)

 

 

参考書ではないですが、文法のインプットの教材としては一番オススメです。

理由は業界でもトップレベルの講師陣が解説してくれるので、分かりやすく飽きにくいからです。

文法ってそこそこのボリュームがあるし、全て大事なんですが、いかんせん独習すると飽きてくるんです。映像授業ならそれを解消できますし、月980円(現在780円)で受け放題(英作文や長文、世界史や数学なのどすべての科目が入っていて学び直しに使っている人もたくさんいます)と破格の値段になっています。

他にもTOEIC専門コース、日常英会話コースなどがあって、いろんな用途で使用できます。僕は学校の授業がトロいし、つまらなかったので文法だけやって一ヶ月ですぐ解約したんですが、そこで文法の穴が全部埋まりました。スマホで通学時間にも見ていて、センター試験の文法問題とかも無敵になりました。

七日間無料体験があるみたいなんで、ぜひ試してみてください。

 

文法インプット参考書2: FOREST(必修レベル)

 

 

文法といえばForestというくらい有名な参考書です。

解説が本当に丁寧なので、文法で躓いたらこの参考書に戻ることで必ず疑問が解消されます。そのため、分量も非常に多いです。

全部一からやる必要はないですが、絶対手元に置いておきたい参考書です。独学者の英語の先生的な役割です。

 

文法インプット参考書3:文法と語法のトレーニング(必修レベル)

 

 

 

僕が独学で使っていて一番使いやすかった文法参考書です。

河合塾の先生に勧められて買ったのですが、英語学習者がつまずきやすい分詞や関係代名詞の部分に特に詳しい説明があり、問題もバランス良く付いています。

独学で文法を学び直すならこの参考書を中心に勉強するのをオススメします。

 

文法インプット参考書4:中学レベルから学び直したいあなたへ

 

 

上にあげた参考書は高校生向けの参考書です。

少し難しいなと感じた場合は、中学英語からやり直しても全然構いません。この、「中学英語をもう一度 ひとつひとつわかりやすく」は、英語が壊滅的な大学生の弟や塾での教え子が今使っている本です。

本当に基礎から丁寧に解説されていて、ここについている問題集を完璧にすれば基礎の基礎が整います。 CDもついているので、リスニング対策もでき一石二鳥の参考書です。

 

 

「安河内の新英語をはじめからていねいに」「中学英語をもう一度 ひとつひとつわかりやすく」を終えた弟や教え子にに勧めている参考書です。

講義形式でわかりやすく中学英語から高校英語の橋渡しをしてくれます。いきなり高校英語やるのはきついけど、中学英語をもう一度 ひとつひとつわかりやすく」は簡単すぎるという方はこちらをやってみてください。ちょうどいいと思います。

 

文法アウトプット参考書1:NEXT STAGE(必修レベル)

 

 

僕が独学で勉強していた高校時代にボロボロになるまで使った参考書の1つです。

上記参考書でインプットした文法知識をアウトプットするのに使っていきます。いきなり問題にとっつきにくかったら、右ページに記載されている解説を見ながら解きましょう。最初から完璧を目指さず、3週目くらいから正答率をあげることをイメージすると良いです。

まずやるのは「文法編」。余力があれば「語法編」もやります。他のパートは受験生じゃない限りやらなくていいです。

この一冊完璧にすれば、文法で困ることはほぼありません。

 

文法アウトプット参考書2:中学レベルからやりたい方へ

 

 

 

「安河内の新英語をはじめからていねいに」「中学英語をもう一度 ひとつひとつわかりやすく」を終えて、演習するのにぴったりな参考書です。

 

例文、構文

 

例文、構文の勉強方法

 

文法、単語のインプットパートが仕上がってきたら最後のインプットパートの例文、構文に入ります。

なぜこの学習が必要かというと、インプットパートとアウトプット(主に会話と作文)の接続役になるからです。

例文、構文を覚えることで会話の型を学びます。これから、英語を話すときはその覚えた型を基本にして、覚えてきた文法表現、単語を入れ替えながら自分の言いたいことをいうのです。これが日本人が英語を話す最も効率のいい方法です。

 

例えば、例文が2つあったら、

・例文1:Could you telling me how to get to the post office?

訳:郵便局までの行き方を教えてもらえませんか?

・例文2:The party was amazing more than I have expected

訳:そのパーティーは私が想像していたより素晴らしかった

・言いたいこと(例文1,2を組み合わせる):The way to get to the lecture room was difficult for me more than I have expected

訳:教室までの行き方は僕が予想していたより難しかったよ

 

組み合わせて自分が言いたいことを文法、単語の知識を総動員していくイメージです。

 

具体的な勉強方法としては、上記で述べた単語と同じように、1日10文など決めて覚えていくといいです。完成の目安は日本語訳を見た瞬間(0.5秒以内)には英文が考えずに口をついて出てくる状態まで覚えこむこと。

そうすることにより、みなさんの体の中に英文の型が蓄積され、「日本語でなんと言おうか考える→英語に直す」間を極限まで短くします。

それが英語を流暢に会話できる、使えている段階です。CDを活用することでスピーキング、リスニングに。書き取り練習をすることで英作文の練習にも繋がってきます。

 

例文、構文の勉強方法と達成度
・勉強方法:1日10文ずつ暗記していく。CDを使う。書き取り練習もする。

 

達成度:日本語訳を見た瞬間1秒以内に英文がすらすら発音できればOK

 

英文・構文の参考書1:ドラゴンイングリッシュ(必修レベル)

 

 

例文、構文、そして英語参考書界を見回してもベストな参考書だと思うのが「ドラゴンイングリッシュ」です。

ドラゴンイングリッシュには100文の例文の中に基礎となる文法、表現がちりばめられており、それを丸暗記して喋るだけで英語が喋れている状態になります。

いちいち英語を考えるのではなく、もう表現を丸パクリしてしゃべった方が圧倒的に効率はいいです。その素材としての掲載されている例文は文法項目がバランスよく散りばめられ、各例文ごとに入っている解説も英語の微妙なニュアンスを伝える際に非常に役立ちます。

僕は高校時代、僕よりリーディングができる人はいましたが、この参考書を一冊やったおかげでスピーキングは誰にも負けませんでした。

役に立たない受験英語から、生きた英会話へ。ドラゴンイングリッシュは何もなかった僕を「英語ならある僕」に変えてくれた。

2016.12.21

英語の参考書で一冊進めると言ったら絶対にこの本だと思っていて、塾講師時代も生徒に半強制的に買わせていたり、友人にも勧めまくっていたので最終的には記事にしてしまいました。よければご覧ください。

 

英文・構文の参考書2:シンプルパターン英会話―言いたいことがどんどん話せる(初級レベル)

 

 

ドラゴンイングリッシュの前の導入の一冊として最適な一冊。これだけでもしっかりやれば、外国人との日常会話なんて屁みたい感じるようになります。

例文はドラゴンイングリッシュの半分の50個掲載されていて、基礎を重視した内容で、ドラゴンイングリッシュが少し難しいと感じる人はこっちから入ってもいいかもしれません。

安河内先生の英語の参考書の特徴として、しっかり読みながらCDとともに音読させるような誘導が入っています。その部分を活用すると楽しく覚えられるし、リスニング力、スピーキング力も上がります。

 

英文・構文の参考書3:ロイヤル文文法(例文集)(上級)

 

 

先ほど文法編で紹介したFORESTより一段階レベル上の洗練された英語が学べる参考書です。

使えるのは巻末についている例文集。僕はドラゴンイングリッシュで当面大丈夫だとは思いますが、これに取り組むとTOEFLやIELTS、英検一級のスピーキングにも対応できる語彙表現を学ぶことができます。

僕もまだ途中なんですが、語彙の幅は圧倒的に広がる参考書です。

 

スピーキング

 

スピーキングの勉強法

 

単語、文法、例文のインプット学習が終わったらスピーキングに移りましょう。

上述のおとり、例文の参考書でインプットした文の型同士を単語や文法表現を入れ替えながら文を発信します。もう父度繰り返しますが、

例えば、

・覚えた例文1:Could you telling me how to get to the post office?

訳:郵便局までの行き方を教えてもらえませんか?

・覚えた例文2:The party was amazing more than I have expected

訳:そのパーティーは私が想像していたより素晴らしかった

・言いたいこと(例文1,2を組み合わせる):The way to get to the lecture room was difficult for me more than I have expected

訳:教室までの行き方は僕が予想していたより難しかったよ

 

覚えた例文、単語、文法表現組み合わせて自分が言いたいことを発信していくイメージです。

大事なのは、とにかくダサくてもいいから口に出すこと。しゃべりまくること。なるべくネイティブの人と話して経験値をあげるのが得策です。

ネイティブの英語は、日本人やネイティブじゃない外国人がしゃべる英語より圧倒的に早く、スラングや省略形も多いので聞き取りにくいです。ここをクリアすれば、どんな英語話者とも会話可能になります。

 

僕のオススメは月5000円で話し放題のオンライン英会話サービスです(体験は無料でできるので、月5000円のサービスをまとめたのでよさそうなのがあれば試してみてください)

外国人の友達などがおらず、英語しゃべりたくても喋る相手がいないよ!!!

という人には、きちんとフィードバックがもらえ、自分の都合のいい時間で練習ができるオンライン英会話を強くお勧めします。他人に発音を聞かれることなく、着実に伸ばしていけます。

また、会話が終わった後もう一度頭の中でその場面を思い出し、今ならなんて言おうかイメージしなおすことが大事です。そこで出てきた文やフィードバックでもらった文をノートに記録しておくといいですよ。

 

スピーキング学習方法と達成度の測り方
学習方法:とにかく喋る、ネイティブとしゃべりフィードバックもらう。ノートに記録する。

 

達成方法:オンラインサービスだと達成度とかが出るけど、一生伸びる分野なのでとにかくやめないで。

 

ネイティブキャンプ

 

 

回数制限なし(24時間無制限に受講可能)で月額4,950円(税込)という値段設定のオンライン英会話。

「今すぐレッスン」なら予約不要ですぐにレッスンが開始でき、Skypeを持っていなくても始められます。英国式カランメソッド」でスピーキング力が効果的に身につくのが売りです。

飲み会を二回我慢するだけで、ネイティブとしゃべり放題。日本で英語勉強してる人で、このサービスやっていない人にはなぜだろうと逆に思ってしまいます。七日間無料体験だけでも受けてみるのをお勧めします。七日間はネイティブと無料で喋れるので。

 

 

レアジョブ英会話

 

 

日常英会話コースだと月額5,800円。講師採用率1%と講師を厳選している。レベル別、目的別に3,000以上の教材を準備していて、業界唯一の上場企業なので品質はいいとのことです。

 

スタディサプリ:日常会話編

 

 

文法編で紹介したサプリの日常会話編。月額が780円と破格なのが売りいきなりネイティブと会話するのはちょっとという人には、文法、単語のおさらいを知りながら喋ることにフォーカスしたこのアプリがオススメ。

ネイティブと会話する前の練習用として大活躍するし、ストーリー仕立てになっていたり、勉強時間が振り返られるなど「継続するための仕組み」が整っています。無料体験が七日間あるのでぜひ試してください。

MEET UPを使う

 

 

MEET UPという確定で開催されている国際交流イベント、趣味別イベントが掲載されているサービス(こちら)があります。

無料で外国人の友達が作れるし、楽しいということで、少し会話に自信がついたら参加してみましょう。

外国人の友達の作り方は以下記事でも解説しています。

【ギブしまくれば誰でもできる】英語ができなくても問題ない外国人の友達の作り方5ステップ

2018.02.09

 

読解

 

読解の勉強法

 

読解も確かなインプット知識をもとにする積み重ねです。

最初は一文読むのもめちゃくちゃ苦労しますが、スピーキングと同様積み重ねていくうちに筋トレと一緒で身についていきます。

 

まずは自分のレベルに合わせて長文を読んでいきましょう。参考書は解説(文構造の説明がしっかりしている)が豊富なもの、そしてCDがついていて音で復習できるもの。頑張って読み込んだ長文を、CDを使って耳からも学習することでリスニングやスピーキングにも応用が効くようになります。

そのとき意識するのは二点で、まずは一文一文を丁寧に読み(精読)ます。

多読は英語に慣れていない段階ではあまり意味がなく、それよりも一文一文を大切に学んだ文法単語がどのように使われているか確認しましょう。

また読み終わった英文は音読(CDがあれば一緒に)しましょう。

精読した英文を音読して、ある程度音ともに覚えてしまうことが英文の処理スピードをあげます。一度読み終わった長文の単語、文法チェックが終わったら必ず頭の中で読んでる英文の訳を作りながら音読をすることで英文を体に染み込ませましょう。そうすると英語をどんどん速く読めるようになります。

 

読解の勉強方法と達成度の測り方
・勉強方法:まず精読して音読する

・達成度の測り方:取り組んだ長文を音読し、同時に日本語訳が作れればOK

 

英語長文レベル別問題集1-6(4まで必修レベル)

 

 

塾講師時代、高校生に一番初めに解いてもらっていたのがこの参考書です。

レベル1は中学英語レベルなので、無理なく始められます。

長文読む→解説を見て文構造を理解する→単語を確認→音読を繰り返すことで、どんどんレベルアップします。この参考書は6まであって、これ終わると英検準一級やTOEICは余裕になります。

 

英語長文ハイパートレーニング1-3(2まで必修レベル)

 

 

塾講師時代、上のレベル別問題集と同じくらい高校生に解かせていた参考書です。同じく安河内先生著ですが、解説がより豊富で音読するための工夫も多くされています。

レベル1は高校の初心者レベルから始まります。自分のレベルに合わせて、レベル別問題集と併用を進めます。

 

やっておきたいシリーズ(500まで)

 

 

僕が受験時代にめちゃくちゃ使っていた参考書です。

CDがないのが唯一の欠点ですが、解説の質と長文の質はかなり定評があります。

演習量を増やすため、上記の二冊と併用して取り組むのをオススメします。300,500,700,1200とレベルが分かれており、やっておきたい300は高校の初心者レベルからスタート。1200までやると英検準一級も早慶ICUの英語も無敵になりました。

 

リスニング

 

リスニング勉強法

 

リスニングは、英語の総合力がスピーキングと同様にかなり試される分野です。

対策で大事なのは、たった1つ。シャドウィングです。

シャドウィングとは、

聞こえてくる英語の音声からちょっとだけ遅れたタイミングで、聞こえてきた英語を自分で唱えるトレーニング

 

これによって、

抑揚や音のつながりを体得し、リスニング力がアップします。

僕が英語勉強していたときの半分の時間はシャドウィングしていたと言っても過言でないくらい、シャドウィングは大切です。

「自分がすらすら発音できない、とっさに発言できない英文は聞き取れない」ので、シャドウィングして自分の中に英文を落とし込んでいく。その英文は次聞こえたときは絶対に聞き逃さないようになる。

そういう英文を積み重ねていくことによって初めて英文は聞き取れるようになります。

 

参考書の選び方は、自分の好きなジャンルの好きな教材でいいです。優先して欲しいのは、単語帳についている例文や「例文、構文」の参考書、長文も最後は全部シャドウィングすること。リスニング力もつき、そこから読解力や単語文法、そしてスピーキング力の強化にもつながるからです。

好きな映画をシャドウィングするなどもモチベーションを続けさせる勉強法です。

 

リスニング勉強法と達成度測定
・勉強法:材料はなんでもいいのでとにかくシャドウィングする(取り組んだ例文、長文優先)

・達成度測定:シャドウィングしている時、英文がつっかえず訳も頭の中でイメージできていればOK

 

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング

 

 

シャドウィング用に特化された参考書。リスニングの材料は勉強に取り組むならなんでもいいんですが、続かない人はこういった特化本をおすすめします。

シャドウィングをやるための誘導や文の区切り方がされていているかつ、レベルも5つに分かれていてあなたにとって最適なレベルの英文に触れることができます。音読はめんどくさくなりがちなのですが、この参考書を使っていると嫌でも音読する方向に持っていかれるのでおすすめです。

 

速読速超英単語シリーズ

 

 

単語帳なのだが、隣りに文が付いており、単語を学びながら付属のCDでリスニングシャドウィングができる速読英単語型の参考書。で僕の大好きなシリーズ。

たくさんレベルが分かれているのが魅力で、初心者からビジネスマン用、TOEICの対策までできる。

使われている英文はどれも良質で、社会派の文書を英語で読みながら、英語で自分の意見、考えを発信していく力もつく

語でディスカッション、作文したい人にとっては格好の意見を仕入れられる参考書です。CDが別売りじゃないのも魅力です。

 

速読英単語シリーズ

 

 

 

速読速聴英単語と同じく、文と単語を同時にCDで音を聞きながら勉強できる参考書

高校レベルなので、受験生時代も塾講師として生徒に教えている時も使用しました。

速読速超とほぼ効能は同じ。でも、こちらのシリーズには熟語編があり、一気に熟語をマスターできるのでオススメ

 

TED(中級レベル)

 

 

言わずと知れたプレゼンテーション。数々の名スピーチが飛び出します。

これを理解できたら、大学の講義を英語で受けれるレベルだと思います。字幕、日本語訳両方ついているので便利。

日本語訳読むだけでも面白いので、自分の専門科目などから入ってみると面白いです。こちらから。

 

NETFLIX

 

 

英語字幕でドラマや映画を月1000円で見放題。

アメリカのネイティブの発音が聞いとれないので、ここで映画をたくさん見て、字幕使ってシャドウィングしまくって練習しています。

 

おまけ:英語学習のモチベを上げてくれる映画、本

 

以下からは個人的に英語のモチベーションをアップさせてくれる書籍、映画を紹介します。

英語学習が続かないとなったときに是非触れてみてください。

 

映画:ウルフ オブ ウオールストリート

 

 

僕が一番好きな洋画です。

レオナルド・デカプリオが投資会社で欲望の限りをつくすハリウッド映画。彼は自分が立ち上げた証券会社の社員の前でのスピーチするシーンは圧巻で、僕の同年代の起業家の友人もこのスピーチを何度も見て、説得力のある話し方を学んでいます

これ見ると「努力してのし上がりてえ」ってなるので他の勉強にもおすすめです。

 

世界のトップ大学に編入する方法

 

 

偏差値38だった高校時代の著者が、アメリカのコミュニティースクールに通い、そこから世界ランキング三位のUCバークレーに編入した話を元に、日本で学歴がなくても海外の超トップ大学に編入できる方法を紹介したものです。基本的に英語力をつけ、淡々とコミュニティースクールの勉強をこなせばUCにいけるという事実に目からウロコでした。

これを読んだのが去年でしたが、今からでも全然いける(編入できる)ななんて思った一冊でした。

とにかく英語で人生を変えられるというメッセージににメラメラ情熱がわいてきます。

記事は以上になります。

膨大な情報量になりましたが、僕自身の受験、塾講師経験、留学経験から独学で英語が運用できる道のりを精一杯示しました。

疑問質問などあれば、ツイッターのDMか(こちら)、お問い合わせ欄までお寄せください。










シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 人の目を気にして何もできなかった高校時代の自分のような人が「自分の人生に可能性を感じまくり挑戦しまくる社会」を作ることが夢。 Twitterこちらからフォローお願いします。