ベルギーに移住しSEとして活躍する山本さんに聞く〜ヨーロッパ移住生活のメリット〜

 

こんにちは。

ドイツ留学中の大学生びよんど(@helahelao)です。

本日はこんな方向けに

 

こんな方へ

・ヨーロッパ移住に興味ある

・日本の職場に合わない。今いる日本の職場がブラックだ

・海外で働きたいけど何をすればいいかわからない

 

ベルギーで SE(システムエンジニア)としてIT企業に務められ、永住ビザを持っている山本さんにインタビューをしてきました。

 

インタビューを読み終えると以下のようなことがわかるようになっています。

 

この記事でわかること

・ヨーロッパ永住のリアル

・ヨーロッパ移住に向いている人

・日本になくて、ヨーロッパにあるもの

・ヨーロッパ移住の仕方

 







ブリュッセルに移住した山本さんの経歴

 

 

びよんど:

本日はよろしくお願いします。まずは、ヨーロッパ移住に至るまでの山本さんの経歴を教えていただけますか?

 

山本さん:

2010年から僕はブリュッセル住んでいるのですが、それに至るまでは右葉曲節ありました。

高専を出てそこから水産大学に編入しました。もともと小児喘息持ちだったのでアレルギーの研究がしたかったので医科歯科の大学院を受験しました。

 

中退し、高専での勉強を生かしてSEとして日本のIT企業で3年弱務めた後、海外での求職を探していたところブリュッセルにある今の日経IT企業の就職が決まりました。

それが2010年のことなので、こっちに移住してきてからもう8年が経ちますね。

 

 

びよんど:

軽く振り返ってくださいと言ったのですが、なかなか濃い人生を歩まれていますね。

水産大学から医科歯科大学の大学院に進まれたと言う事ですが、なぜ中退したのでしょうか?

 

山本さん:

運良く?とっても優秀な研究室に入ってしまい、自分の頭脳、体力、センスの限界を感じました。今でも研究者と話すのは好きですし、尊敬していますけどね。


大学病院が併設されていたので、初期研修で病院を案内されたとき、透析の患者さんが腕から血液を循環して透析されている姿を見て、体力のない自分こそ無理をしてはいけないと感じました。


医師や研究者は自分がなるより、相談できる友達として持っていたほうが自分には向いていると思いました。

 

びよんど:

なるほど。その後、日本のIT企業に就職されたと。

 

 

山本さん:

そうですね。最初はなかなか企業から返事が帰ってこないので、履歴書から大学院中退という学歴を削除した途端、履歴書の返事がよく返ってくるようになりました。


卒業していないのに卒業と書いたら学歴詐称ですが、中退していることを書かないのは学歴詐称にはならないとおもいました。


なんだかよくわからない経歴の人はやめておきたい気持ち人事の方の気持ちも今となってはわかりますけどね(笑)

 

びよんど:

ユニークな経歴が歓迎されないのは、少し残念ですね。日本のIT企業を経て現在の職種(ブリュッセルでSE)につかれたのですね。どのように、就職されたんですか?

 

山本さん:

アルクの掲示板に海外求人が載っていたので、それをずっと見て探していました。

今の会社の広告が出ていたのでSkypeで面接をして、そのあと直ぐ1週間ぐらいインターンしないかと言う話になりました。

日本からブリュッセルまでの航空券は自腹でと言われましたが、自腹で来るんだからインターン以外の日はプライベートの旅行しても文句はないだろうと(インターン1週間+旅行2週間)でベルギーに直ぐに来ました。

 

びよんど:

そうなんですね。自腹で航空払って選考は落ちるリスクもあるのに即決で行ったのがすごいです。

 

山本さん:

なんとしても海外で働きたいと言う思いが強かったからね。実際英語面接で苦戦して、そこをなんとかとお願いしました。

今思うと、自腹で来たのも、いろいろごねずにすぐ行ったのも情熱を伝えられたし、そこで図られていたと思うね。

 

ベルギー移住生活のリアル:ベルギーで会社勤めするということ

 

 

びよんど:

ベルギーにわたって8年と言う事ですが、ベルギーと日本を比べて何が違う点などありますか?

 

山本さん:

そうですね。まず、ベルギーは、社員が守られています。

・有休はかならず消化させないといけない(そうしないと、会社が罰金)
・残業ない(させたら会社に罰金が科される、所得税がかかる、会社がそれ許さない)

などの部分、一度社員になれば、日本よりも全然待遇が良いです。

 

びよんど:

独立するよりも安いということでしょうか?

 

山本さん:

そうです。会社側からは、早く独立してほしいと言われているけれども、こっちでは社員でいた方が断然いいので独立は考えていません(笑)

 

ベルギーの永住ビザがむちゃくちゃ使える

 

 

びよんど:

山本さんは、ブリュッセルに来られてから8年ということで、日本で再び仕事する気はないのでしょうか?

 

山本さん:

ないですね。だいたいこっちに来る人は、海外駐在っていう博ができる3年から4年で帰ってしまうんですよね。そして、こっちでの経験をを日本に帰ってからのキャリアアップに使う。でも僕はヨーロッパが大好きで、こっちの方が居心地がいいのでずっとこっちにいますね。

 

びよんど:

つまり、永住権を持っているんでしょうか?

 

山本さん:

そうですね。こっちに5年間住んで取得することができる永住ビザを持っています。

これは、割と正攻法の取り方なんだけれども、上手い人は投資家ビザだったり学生ビザでもっと短期で永住権を取っていると思います。

 

びよんど:

永住ビザを持っていることによるメリットは何でしょうか?

 

山本さん:

一番のメリットは、ベルギーに住所を持ったまま他の EU 圏に住めるということです。そして働けるということです。

EU圏内であれば、東欧だって、南欧だって働けちゃうのが魅力ですね。

 

 

びよんど:

すごくいいですね。今徐々に盛り上がってきている東欧や、フリーランスの聖地ベルリンでも働けたり、無限に働き方が増えますね。

ビザ取得で困ったことはなかったのでしょうか?

 

山本さん:

めちゃくちゃ骨が折れましたね。こっちの外国人局は永住ビザがあるとかそういう情報を全く言うこともないので、自分で何とかするしかないです。ピザを勝ち取るという形ですね。

自分で書類用意して、向こうにあとはハンコを押させるだけぐらいの準備をして行きました。

 

海外移住を志したきっかけ

 

 

びよんど:

そもそもなぜ海外移住を目指したんでしょうか?

 

山本さん:

フィーリングの部分が大きいです。大学院中退した時に、ニート状態だったんだけど親にお金を借りて一人でパリに行きました。

それがもう本当によくて、就職した後もしょっちゅうヨーロッパに行って「自分は300年ここに住んでも大丈夫だ」と感じるようになったので移住を決めましたね。

 

びよんど:

300年住めるというのがすごいですね(笑)現在移住されていて、日本が恋しくなることはないんですか?

 

山本さん:

全くないですね。僕は本当に日本式の働き方があっていなかった。そしてヨーロッパの肌が合いすぎた。ヨーロッパ式の生き方が好きだしね。(実際のこの時も地べたに座ってビールを飲む山本さんおすすめのヨーロッパ式飲みで取材していた。)







 

まとめ

 

 

教会前の地べたでベルギービールを飲んでいる山本さんの全身から「ヨーロッパ移住してよかった」という感情が伝わってきました。

自分が住みたいところに住み、生きたいように生きる。

力強く若々しくベルギーの地で活躍される山本さんを見て、そんな生き方が必要な日本人がたくさんいるのではないかなとも思いました。

山本さん、ありがとうございました!

 

ヨーロッパいる日本人の方を取材しています

 

 

インタビューワー募集

現在、ヨーロッパで活躍する様々な日本人の方に取材を行っています。

・ヨーロッパに移住済み

・ユニークな仕事をしている

・ヨーロッパを拠点にビジネスをしている

・ヨーロッパ大学に留学、正規入学している

上記に当てはまる方で、インタビューを受けてもいいという方は是非ともご連絡(ご紹介)いただきたいです。

宜しくお願いします。

 

取材歴はこちら

 

・高専からアーヘン工科大に正規入学された井上さん

【1000人に1人の事を成したかったらまず10人に1人の事を】ドイツ留学ラボの管理人でアーヘン工科大に通うせいじさんと飲みに行ってきた

2018.03.26

・インドネシア人の奥様と国際結婚されたブリュッセル駐在中の北谷さん

【インドネシアと日本の仲良しカップルに聞く】国際結婚のメリットとデメリットと本当に大切なこと

2018.04.13

・大手日本ビール会社をやめ、ベルギーで独自ブランド「欧和ビール」を製造している山本さん

【常に僕は作り手でいたい】大手ビール会社を退社し、ビールの聖地ベルギーで自社ブランド「欧和ビール」を立ち上げたヨーロッパ唯一の日本人醸造家今井さんに聞く好きな仕事で突き抜ける方法

2018.04.27

 

カメラマン紹介

 

今回にベルギーで三人の日本人の方に取材させていただいたのですが、同行してくれたカメラマンはうもん君です。

 

 

プロフィール:現在ベルギーに留学中。一年前にカメラを購入し、初心者向けのカメラに関する記事も書いています。

Twitter(こちら)、インスタ(こちら)、ブログ(こちら)もフォローお願いします。

 










シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 Twitterも毎日更新中。