⑧、メーンホーンで首長族に会いに行こう(おすすめゲストハウス紹介。これで大丈夫!野良犬対処法)

こんにちは。

ヘラ・ヘラ男(へらへらお)です。

今日は初めてのIELTSを受けに行きました。Speakingです。かなり厳格な試験会場で、待合室でガム噛もうとしたら待合室でつるっ禿げのイギリス人のおっさんに「だーめ!」と言われました。笑

来年の交換留学のために必要なのですが、急に受けることを決めたので、これが多分書類選考前の最初で最後のラストチャンス、、、

スコアなくて書類選考漏れたら来年何しようかなってのは落胆的なのでいつも考えませんが、頼むで!!!って感じです。

留学についての記事は以下にも書いています。

http://kinouyorisutekininarou.net/post-32/

で、前回の続きです。前回はチェンマイからメーンホーン行きのミニバスに乗ったところで終わっていましたね。以下の記事にあります。

http://kinouyorisutekininarou.net/post-90/

普段乗り物酔いしない僕でも少しゲロリそうになりながら、メーンホンソーンに到着。途中いきなり下車する人もちらほらでしたが、予定より一時間早く五時間くらいで到着。

レビューの高かったブンディーハウスへ。ツインで一人900円くらい。綺麗で、スタッフの方も親切です。英語がかなり喋れる息子と喋れないけどすべてを見通しているようなおばあちゃんが切り盛りしています。息子の妻らしい人も本当にいい人でした!

ブンディーハウスおすすめです!

Unknown-2

バス停から歩いて10分くらい。

メインストリートの隣の通りの先にあります。

ここはチェンマイやバンコクの、うんざりするくらいのトゥクのニイちゃんたちの乗れ乗れ攻撃がなくのどかなのでいいです。

荷物を置いたら早速カレン族に会うためのツアーを申し込みに行きます。メインストリートのセブンイレブンの前のツアー会社に行きます。レビューもまあ良さそうだったので、本当は一軒一軒回ったほうがいいんですけどここにしました。

話を聞くと、カレン村だけに行くツアーや他にもいろいろ回ってボートで川を下って行くツアーなど、いろいろオプションが付いていました。とりあえず、他に思い入れもなく、30分後に始まるというのでカレン族村だけのツアーへ。

ガイドのおじさんが来て、真っ赤なミニバンに乗り込みます。勿論荷台に乗り込みます。

IMG_3717

ゲーセンでゾンビ倒す時に乗る版みたいです。ボロいです。

IMG_3707

うねるような一本道を走ること30分、村に到着します。

日本人は珍しいらしいですが、住人はみんな気に止める様子はありません。

当然ながら観光収入を得る「見せ物化」してる村なんだなと、自分も観光客としてきていますが、なんとも言えない気がしました。

IMG_3703

村は100人程度の規模。この通りだけしか入れません。テレビにもよく出ているカレン族の女性と話して、首輪をつけてもらったり「タナカ」という顔模様をつけともらえます。あとは、高いお土産を買うように勧められます。「お金を落とす」というのはあまりいい言い方ではないですが、ケチらずお土産をそこで買うということも、そこでのマナーなんじゃないでしょうか。

IMG_3689

子供達は意外にも現代っ子。子供達だけではなく、大人も多くがスマホを所有していました。おしぶから離れた人々が何を一番欲するかというと「通信手段」なんだそうです。なるほどという感じでした。

そのあと、この子たちとサッカーをしてボコボコにされました。

でも、お金の絡まないこういう関係の方が断然仲良くなれた感じはありますね。僕の勝手な思い込みであれば申し訳ないのですが。笑。

子供達の見送りを受けて、帰宅。



しかし、この日はまだまだ終わりません。洋食久々に食べて帰る途中、三頭の野良犬に追いかけられます。バンコクの初日以来です。なんとなくなれたと思っていましたが、このタイミングかよ!

必死に逃げ、地球の歩き方を落としました。しかし、それが幸いしたのか犬どもはクンクン地球の歩き方を嗅いで立ち止まり、僕らは逃げおおせました。

ゴミ収集車のおっさんたちが通りかかったのですが、大笑い。

そりゃ面白かったろうな!!!

で、地球の歩き方を代償に僕らはある教訓を得ました。

犬に対しては、

人気のない場所

を徹底的に避けること

です。



昼は暑いので、夜に活動的です。また、人気のない通りや寺院などよる人がいなくなる場所で縄張りを作ることが多いのでこの二つは避けましょう。

とりあえず、



宿泊場所をメインストリート沿いにすること

やばそうなところはチャリなど乗り物で突っ切る。徒歩NG

これで、その日以来僕らが襲われることは無くなりました。

ということです。東南アジア行ったらマジで犬には気を付けましょう!!!

明日は人気のパーイに向かいます。




 

 

 










シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 人の目を気にして何もできなかった高校時代の自分のような人が「自分の人生に可能性を感じまくり挑戦しまくる社会」を作ることが夢。 Twitterこちらからフォローお願いします。