⑫、ベトナム縦断のオープンバスは鉄板!「シンカフェ」にたどり着けるか?ゲストハウス紹介も。

こんにちは。ヘラヘラ男です。

久々に旅行記の続きです。

初心者バックパッカーが旅を考える際に役立ちそうな旅行記です。

ぜひご覧ください。

前回の記事はこちら

http://kinouyorisutekininarou.net/post-163/#

さて、ベトナムの北の地、首都であるハノイに到着した僕らですが、

ハノイ湾はまあまあ。(湾上で現地人のおばちゃんにブチ切れられる)

水上人形劇はツアーのバスが遅れ見逃す。

ホーチミン廟はしまっててなぜか入れない。

という形でした。

なんだかなーという感じです。

旅の終焉まで、一週間。

弾丸ですが、ベトナムを北から南に縦断することにしました。

本当はハノイからさらにもっと北に行きたかったんのですが、(サパなど少数民族の村などがあります)

時間の関係で下ることにしました。

ゴールはホーチミンです。

縦断の仕方は幾つかあります。

一つは飛行機。

これが一番早くて楽な方法でしょう。

二つ目は鉄道。

安くて、ロマンがあります。

三つ目がオープンチケットバスです。

縦断ではかなりメジャーな方法です。

格安チケットで寝台付きのバスに乗り、

しかも途中の観光地(ダナン、フエなど)



に降り、一ヶ月以内であれば、引き返さない限り、どこで降りても、いつまたバスに乗ってもいいというチケットです。

僕たちは資金と効率面で

オープンチケットバスを選択しました。

一つ注意点としては、

オープンチケットを買う場所です。

オープンチケットは必ず、

「シンカフェ」

という旅行代理店で買いましょう。

名ばかりの社会主義国ベトナム。

商売に無関心なのかそうではないのか、

外国人に人気の「シンカフェ」を模倣した

偽物が大量発生中です。

しかも、やる気があるのかないのか。

偽物が5件隣り合っていたり、

偽物だけどフツーにバスを正規の価格で案内してくれたり

なんだか可愛いです。

 

このように平然と偽物が立ち並んでいます。

しかし、大抵はぼったくりなので注意です。

オープンチケットが買える「シンカフェ」

はホーチミンを視点とするベトナム全土に展開したちゃんとした代理店なので(もちろん英語可能)、そこにしましょう。

Google mapで

「Thesinh Tourist」と調べれば出て来ます。

ちなみに、

「GAT travel」

と調べると、そこがバス乗り場です。

ですので、「GAT travel」の方でチケットを買ってバスも乗るとすれば大丈夫です。

実際、僕たちが行った時にはこのサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました。

http://life-traveller.com/find-real-sinh-cafe

肝心のお値段は、35ドル。(ハノイ→フエ→ホイアン→ニャチャン→ホーチミン)

これで縦断できると思うとかなり安くなりそうですね。

ちなみに、ダナンとか入ってくると少し高くなります。

ハノイ湾のツアーチケットを買った違う売店のおばちゃんからは、

「私なら28ドルで売ってやったけどね」

と言っていましたが、今となって真意はわかりません、、、

オープンチケットの一つのルールとして、

前日までに必ず乗る時間を予約しなければならない

とのことです。予約は「シンカフェ」で行わなければなりません。

また、

割とバスは早朝出発、早朝到着が多いです。

バス内はこんな感じです。

そうした時間も見越してホテル予約などをしましょう。

ちなみに、ハノイ滞在中に泊まっていた、市街の

Old Quarter Centre Hotel

はかなりいいです!

朝食も付いて、一人900円ほど。

ベトナムは総じてホテルはグレードが高く、

朝食も付いています。

次回は、

ホイアンまでの夜行バス、ホイアンでの自転車周遊などをお送りします!!!

みなさん、「シンカフェ」見つけてくださいね!



 

 

 

 

 

 

 

 

 










シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 Twitterも毎日更新中。