⑦、チェンマイからメーンホーンソン(ムエータイ、ナイトバザールで戦利品をゲットしろ!メーホンソンまでのロットゥーには車酔い注意)

こんにちは。

ヘラ・ヘラ男です。

今、サークルの合宿に来ています。夏最後の思い出ですかね。

ICUは9月頭から新学期です。

前回は、チェンマイまでの寝台列車の乗り方、衛星事情などを書きました。

http://kinouyorisutekininarou.net/post-80/

さて、チェンマイに寝台列車でつき、SK2ホテルで休憩します。



タイ名物の「ムエータイ」をターペー門スタジアムに見に行きます。

ターペー門は旧市街を取り巻く堀にある大きな門です。

旧市街内にいる人は歩いてもいけると思います。

他の場所にいる場合は、タクシーを使いましょう。

チケットは300バーツくらい。

試合開始は8時くらい。一時間半くらい前から開場します。

スタジアムのwifiはクソ弱いので注意しましょう。

試合は、小学生くらいの少年から二十歳くらいの若者、そして最後にタイ人と外人のインターナショナルマッチがあります。途中で選手が目隠しをして殴り合い、どさくさに紛れて審判も殴るというちょっとイタイ試合もあります。

IMG_3775

インターナショナルマッチではボコボコにされるタイ人を見て欧米人が盛り上がっていました。結局その層の客を喜ばせるための試合のようでした、、、なんだかなー。

その次はナイトバザールへ。トゥクで10分くらい。歩いてもいけます。

とにかく見どころが多いです。チェンマイ最大の見所と言ってもいいのではないでしょうか。

雑貨、服、カバン、、、なんでもあります。海賊版のものもかなり。

ここでも交渉術は最初の言い値の半分くらいから始めましょう。注意点としては、最初にあなたが言った言い値以下には絶対にならないということです。なので、最初は申し訳ないなと思うくらい下げた値段を言ってそのあと若干値を上げた落とし所を見つけましょう。

中国人のおっちゃんに700バーツのルイス・スアレスのユニフォームを100バーツで買いたいと言ったらあなたおかまですか???」とキレ気味で聞いてきました。

IMG_3655

 

ナイトバザールは大盛り上がり。近くにスタバもあります。

さあ次は予てから相棒が行きたい言っていた首長族、カレン族の村に行ける最北都市メーンホーンソンへ、ロットゥーというミニバスで移動することに。

バスターミナルは中心街から結構離れているので、トゥクかソンテオに乗りましょう。ソンテオは相乗りタクシーで時間がかかることもありますが一人40バーツで一律でほぼ移動できるので便利です。ソンテオの車体は赤色の版のような乗り物です。トゥクより断然オススメです。

また、チケットを買う際はバスターミナルに出向く方が良いと思われます。変に仲介会社を利用してぼられてもいやですしね。

朝の8時の便を予約。あんまり便の本数はなかったと記憶しています。パーイにも途中で下車できますよ。

確か250バーツくらいでした。

IMG_3666

8人乗りくらい



そして、メーンホーンソンへ行く際に注意してほしいのは車酔いです。



相棒によれば山道でのカーブは約300本。曲がるたびに遠心力で体がもってかれます。僕も気づいたら知らないおじさんのひざで寝てました。笑。

なので、酔いやすい人はおとなしく飛行機でチェンマイから飛びましょう。1日1本、フライト時間は一時間です。

ではでは、次回はメーンホーンでのカレン族村レポと憎き野犬たちの話をしようと思います。

まだ夏休みのある人、ぜひぜひ楽しんでください!

 

 



 

 

 

 

 

 










シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 人の目を気にして何もできなかった高校時代の自分のような人が「自分の人生に可能性を感じまくり挑戦しまくる社会」を作ることが夢。 Twitterこちらからフォローお願いします。