【ギブしまくれば誰でもできる】英語ができなくても問題ない外国人の友達の作り方5ステップ

 

こんにちは。

ドイツ留学中の世界一熱い大学生、びよんど(@helahelao)です。

僕の得意なことの一つに「海外の友達を速攻で作れる」があります。

僕は高校時代に英語が全く喋れない状態で、デンマーク高校生30人の歓迎パーティーを主催して、地蔵になって恥をかきまくったことをきっかけに、下手くそな英語を気にしなくなりました。

それ以降、旅行や留学で世界中に友達を作りまくり、Facebookの友達の半分以上は外国人です。

 

ドイツ留学でも、

来てから二週間で100人規模の「SAMURAI PARTY」を開催したり、

 

留学から二週間の侍パーティー。 めちゃくちゃ人が来た。

 

世界各国に友人がいるので、ホテル代食事代ゼロで四カ国(ポーランド、チェコ、イタリア、ドイツ)を回ったりしました。

 

お正月はイタリアローマに住むイタリア人の親友の家にステイ。毎日ご家族にお世話になっていました。

 

上記は以下の記事で詳しく述べています。

パリピが苦手でフォーマルな服装がないけど留学先で100人規模のパーティーを開いた僕が思う「留学したらパーティー主催するべき五つの理由」

2018.01.14
海外の友人がいると英語を喋る機会が多くて英語がうまくなる。旅行もホテル代、食事代がかからない

 

世界がどんどん広がるなどいいことばかりです。

 

僕は英語はネイティブほど喋れないし、海外経験ほぼないし、ダンススキルやトークスキルなど人を惹きつける目立ったスキルがありません。

 

そんな僕でもできた、英語なんかできなくても余裕な本当に誰でもできる海外の友達の作り方5ステップを紹介します。






前提として日本人は海外の友達作りやすい

 

両隣はオックスフォードとハーバード。彼らも日本に興味津々。

 

海外の友人を作る前の大前提として、

外国人は日本に興味を持ってる場合が多いし、友達になりたがっている傾向が多いということを知ってほしいです。

 

これからは留学で外国人に会いまくって来た僕の見解で数字の担保はないのですが、

日本はサムライ、お茶、寿司、アイドル、アニメ、漫画、桜、漢字などなど、世界のカルチャーに衝撃を与え続ける文化があります。

特に欧州では、慣れ親しんだ文化と全く違うエキゾチックな経験が日本でできる!と僕が出会ってきた海外の友人は口を揃えて言います。

 

ギリシャ人の親友。彼は8月に僕の家に来ます

 

かつ日本人はシャイな傾向にあるので、海外の人で日本の友達を持つ人は少ないです。

海外の人は仲間に「俺は日本の友達いるんだぜ、いいだろ?」と自慢したい人が多くいます。

 

なので、日本人は海外の友達作りにおいて相当なアドバンテージを持ってます。

 

ステップ1:外国人に出会う

 

ベルリンのクラブ。うるさいのが苦手じゃない人は英語ほとんどしゃべんなくても仲良くなれる場所なのでぜひ。

 

外国人の友人を作るには、当然外国人に出会うことが必要です。

留学してる人は言うことないですが、

日本にいる方は、

 

Meetupを使う

 

Meetupという無料で外国人と指定された場所、時間で集まれるイベントが多くで開かれています。

 

アプリを使う

 

出会い系から、Langumateのように交流を目的としたアプリもあります。(境がわからないけど)

 

ほかにも、

  • ゲストハウスに泊まる
  • 東京の渋谷、浅草、新宿のハブに行く
  • 大学の留学生と話す

などいくらでも外国人と出会う方法があります。

日本に来ている=少なからず日本に興味があるので友達になりやすいです。

 

ステップ2:自分から絶対話しかける

 

僕の21際の誕生日パーティー

 

外国の方と会える場所に来たら、必ず自分から話しかけましょう。

日本ではいきなりがっつくのは敬遠されますが、海外の方の多く(アジア圏は場所による)は目が合ったら知らない人でも挨拶するという文化があります。

目があって挨拶。これができないと始まりません。

外国人の方も、日本の文化では知らない人に話しかけないということを散々ガイドブックなどで知らされて来るので、むやみやたらに話しかけないからです。

あなたが一言、全力の笑顔でハローと言えば、一気にそこにあるアイスは溶けます

 

 

話しかけると色々始まります。ローマでもたくさんの初対面の人と仲良くなりました。

 

僕らが外国人の方が拙い日本語で「こんにちは」と言った時に、悪い気持ちはしないように向こうも絶対悪い気持ちはしません。むしろ、異国の地で心細い時に外国人の方にとっては、めちゃくちゃ嬉しいです。

後でも述べますが、話しかける=「私はあなたの敵じゃないし、好意があります」という明確なメッセージを伝えられるかどうかが、友達になる上で英語より遥かに大事です。

 

ステップ3: 好意を伝えまくる

 

親友のご両親。お二人は英語が全く喋れないので、常に全力でジェスチャーで会話していたけども、息子のように接してくれた

 

 

会話が始まったら、相手の基本的な情報を聞きましょう

出身地、兄弟の有無、年齢、趣味、旅行先

なんでもいいんですが、そこで大事なことは超大げさに返答して、好意を伝えること

 

声やジェスチャー、笑顔などを駆使して「私はあなたと会話している今が何より楽しいです」と伝えること

 

英語ができないならなおさら、それを他の手段で伝えるように努力することで、外国人の方も「この人は自分に好意を持ってくれてるんだな」とわかり、好意をこちらにも持ってくれます。

 

お前らのこと好きだって感じを前面に出していれば、英語喋れなくても仲良くなれる

 

例えば、出身地がスペインだったら、

 

「俺めっちゃパエリア(スペイン料理)大好き、もはや寿司よりも好き!」

I crazy love paella, even more than SUSHI

みたいなわかりやすい表現で好意を伝えましょう。

もう英語続かないと思ったら、I like you(love youじゃないので大丈夫)とかハイタッチとかするのもあり。

とにかく好意を前面に伝えましょう。相手もこちらに会話する気になって、必要があれば英語もゆっくりしゃべってくれます。

一回オックスフォードのめちゃくちゃ論論理的なイギリス人と喧嘩した時も、英語で上手く思いを伝えられなかったので、最終的にハグして解決したことがありました。

 

 

ステップ4:SNSで繋がる。

 

 

好意を伝え相手も楽しくなってくると、必ずSNSやってる?って言う話になります。

絶対に交換しましょう。ここで繋がらないと、その時限りの交流で終わってしまいます。

 

高確率でLINEはやっていないので(特に欧州)

 

メッセンジャーインスタwhat’s up(欧州主流)we chat(中国)などが主流なので入れておきましょう。

 

外国人の方の名前って似てたり、僕らには馴染みのない名前だったりすることもあるので、SNS上で見失わないよう

その場で今日はありがとうみたいなメッセージを送り、このフェーズを終了します。







ステップ5: 普段できない経験をギブする

 

僕による箸の使い方講座。盛り上がりました

 

最後に、「絶対また会おう」って形で終わるために徹底的に海外の方にギブ(GIVE:あげる)します。

何をギブするかというと、日本人の私たちとか関わったからこそできた普段できない経験です。

と言っても大それたことではなく、

  • 漢字で名前を当て字してあげる。(ジョンだったら所運みたいな感じ)
  • しゃぶしゃぶに行って箸の持ち方講座、日本語講座
  • 温泉に行って浴衣を着て写真をとる
  • 一緒に習字する
  • 手巻き寿司一緒に作る

 

レベルのことで大喜びしてくれます。

すしを一緒に作るのも、海外のみんなにとっては普段めったにない経験

 

要は普通の観光、生活+あなたの好意

普通の観光をしていては味わえない温かみや親密さを感じてもらえます。

 

そうやって海外の方の日本体験を少しデザインしてあげることで、大いに感謝されます。

そのギブをもらった海外の友人は、次は私達がギブを返す番だ!と思い、その後の関係に繋がっていくのです。

 

愛の文字を書いただけで、みんな大興奮

 

普段経験してないのでレア、特別感→満足する→ギブを返したくなる→関係性が続く

 

留学が終わっても、こうやって遊びに行ったり、ずっと関係が続いています

 

まとめ

 

海外の友人を作るには、

海外の友人を作る5ステップ

1️⃣外国人と出会える場所に行く

2️⃣自分から話しかける

3️⃣相手に興味を示す

4️⃣普段経験できない「おもてなし」を提供する。

 

海外の友人を作るのに必要なのは英語力ではなく、「友達になりたい」という気持ちを前面に出してまず自分からギブする心です。

ギブされたらそれを返したくなるは世界共通。まずは外国人の人と知り合える環境に飛び込んで、ギブしまくりましょう。

 

ギブの大切さはホリエモンの著書「バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方」にも詳しく述べられています。興味があればどうぞ。

 

 

「よく人間関係はギブ&テイクなんて言うけど、ビジネスで信用を得たいなら、それだけじゃ物足りない。ギブ&ギブおまけにギブくらい相手に与えるという気持ちが大事」

引用:バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方

 

ぜひ、この記事読んで世界にたくさん友達を作っていただけたらと思います。

それでは。










シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 人の目を気にして何もできなかった高校時代の自分のような人が「自分の人生に可能性を感じまくり挑戦しまくる社会」を作ることが夢。 Twitterこちらからフォローお願いします。