【留学やワーホリ前にせめてこれだけはやってほしい】海外で恥を書かない最低限のおすすめ英語参考書と独学勉強方法まとめ

 

こんにちは。

ドイツ留学中の大学生びよんど(@helahelao)です。

本日は

 

・留学に行くんだけど、最低限の英語力が付いているか不安

・現地での学習効果を最大限に上げるために、日本でやるべき最低限の英語参考書が知りたい

・独学で海外に行く前にある程度英語力を上げて、現地で恥を書かないようにしたい

 

こんな声に応えるべく、

カナダ留学、そして現在ドイツ留学している僕が留学前にやっておくべき厳選英語参考書と独学勉強法を紹介します。

 

余談ですが、先日youtubeでワーホリ参加者の90%はほとんど英語力が伸びずに帰ってくるという動画を見ました。

僕自身カナダに短期留学していた時、留学に来たはいいものの周りの留学生とのあまりの英語力の差に尻込みし、全く喋れず、日本人ばかりとつるんで帰国する、当然全く英語力も伸びていなという日本人を見た時に、留学やワーホリにくる前にいかに英語学習することが大切かということ実感しました。

幸い、僕はカナダや現在のドイツ留学前に最低限の英語学習を終えていたので、充実した留学ライフが送れました。これから留学、ワーホリ、海外旅行に行く人向けの記事です。

 

この記事でわかること

・最低限留学、ワーホリ前ににやっておくべき参考書

・海外に来てから恥をかかない最低限の英語力が身につく独学英語勉強法

 

はじめに:文法と単語と例文は完璧にしていかないと留学する意味がない

 

これから紹介していくのは、文法、単語、例文暗記の参考書です。

語学留学は、普段使う機会の少ない英語をアウトプットして英語の運用能力を高めに行く場です。

しかし、文法、単語、例文暗記というインプットの部分を完璧にできてない人が行くと、日本でいくらでもできる文法、単語、例文暗記を海外でわざわざやらされることになります

これはもう最高に時間の無駄なので、この記事で紹介する英語参考書を完璧に(独学勉強法をそれぞれ解説します)してから留学やワーホリに行くことをお勧めします。

 

最低限の英語参考書:文法勉強編

 

ある程度英語の勉強をしてきたよという方へ:文法と語法のトレーニング(必修レベル)

 

 

当たり前ですが、文法ができないと留学やワーホリに行って英語を学びに行く意味は半減します。

英語の公式を知らないまま、向こうに行っても聞き取るどころか、話すことも読むこともままなりません。絶対に理解を深めてから行きましょう。

この「文法と誤報のトレーニング」は僕が独学で使っていて一番使いやすかった文法参考書です。

河合塾の先生に勧められて買ったのですが、英語学習者がつまずきやすい分詞や関係代名詞の部分に特に詳しい説明があり、問題もバランス良く付いています。

独学で文法を学び直すならこの参考書を中心に勉強するのをオススメします。

勉強法は解説を読み込んで、章末に付いている問題をときます。なぜ、その問題の答えがそれになるか人に説明できるようになれば合格です。

 

英語勉強のブランクが空いたり、基礎から丁寧に学び直したいあなたへ

 

 

上にあげた参考書は高校生向けの参考書です。

少し難しいなと感じた場合は、中学英語からやり直しても全然構いません。この、「中学英語をもう一度 ひとつひとつわかりやすく」は、英語が壊滅的な大学生の弟や塾での教え子が今使っている本です。

本当に基礎から丁寧に解説されていて、ここについている問題集を完璧にすれば基礎の基礎が整います。 CDもついているので、リスニング対策もでき一石二鳥の参考書です。

 

 

「安河内の新英語をはじめからていねいに」「中学英語をもう一度 ひとつひとつわかりやすく」を終えた弟や教え子にに勧めている参考書です。

講義形式でわかりやすく中学英語から高校英語の橋渡しをしてくれます。いきなり高校英語やるのはきついけど、中学英語をもう一度 ひとつひとつわかりやすく」は簡単すぎるという方はこちらをやってみてください。ちょうどいいと思います。

上記2つも勉強法は解説を読み込んで、章末に付いている問題をときます。なぜ、その問題の答えがそれになるか人に説明できるようになれば合格です。

 

 

最低限の英語参考書:基本単語勉強編

 

システム英単語Basic(必修レベル)

 

 

 

もう、悪いこといわないのでこの一冊だけはやりきってから留学やワーホリにいきましょう。単語ができないと、文法と同じで何もできません。留学先で単語勉強してるのは超カッコ悪いので、やっておきましょう。

システム英単語は数ある単語帳の中で一番お勧めします。理由は厳選されたワンフレーズの例文の中で単語が覚えられ、CD(別売り)はそれを生かしリスニング力と単語力を同時にあげてくれる工夫がされているから。

単語だけ覚えるより、他の文章と混ぜて文脈で覚えると圧倒的に単語学習がはかどるのですが、このシステム英単語はその例文のレベル、長さが絶妙です。CDもその例文も収録され、かつCDに合わせて発音練習できるように工夫されています。

他の単語帳も例文はついていいますが、やたら長かったり、極端に専門的な語彙が入っているなど、使いにくい場合が多いです。

使い方は、例文を使って単語を覚え、英語を見た後1秒以内に一番代表的な意味を言えるようになればいいです。

だらだらやっても意味がないので、1400語ある中で1日100単語ずつ覚えて(僕は一セット一時間くらいかかりました)、14日で一周、二ヶ月で4周してだいたい覚えるという形で頑張りましょう。

 

最低限英語参考書:これだけで話せる例文勉強編

 

英文・構文の参考書1:ドラゴンイングリッシュ(必修レベル)

 

 

この参考書は例文暗記用の参考書なのですが、なぜ例文暗記が留学やワーホリ前に必要かというと、上記参考書で覚えてた文法と単語をつなげ、使えるようにするのが例文暗記だからです。

しっかりと文法、単語が抑えられれば、このドラゴンイングリッシュに掲載されている基本的な文法、英語表現がちりめられた構文を覚え、単語や文法を入れ替えることで自分の思うように英文が作れるようになります。

僕は高校時代、僕よりリーディングができる人はいましたが、この参考書を一冊やったおかげでスピーキングは誰にも負けませんでした。

勉強に仕方は、CDを聞きながら(リスニング力、発音力も上がります)例文を覚え、日本語訳を見た瞬間に例文がすらすら口から付いてくるレベルになれば合格です。

 

ちなみに、英語の参考書で一冊進めると言ったら絶対にこの本だと思っていて、塾講師時代も生徒に半強制的に買わせていたり、友人にも勧めまくっていたので最終的には記事にしてしまいました。詳しい勉強方法も掲載しているのでこちらも、よければご覧ください。

役に立たない受験英語から、生きた英会話へ。ドラゴンイングリッシュは何もなかった僕を「英語ならある僕」に変えてくれた。

2016.12.21

 

英文・構文の参考書2:シンプルパターン英会話―言いたいことがどんどん話せる(初級レベル)

 

 

ドラゴンイングリッシュの前の導入の一冊として最適な一冊。これだけでもしっかりやれば、外国人との日常会話なんて屁みたい感じるようになります。

例文はドラゴンイングリッシュの半分の50個掲載されていて、基礎を重視した内容で、ドラゴンイングリッシュが少し難しいと感じる人はこっちから入ってもいいかもしれません。

安河内先生の英語の参考書の特徴として、しっかり読みながらCDとともに音読させるような誘導が入っています。その部分を活用すると楽しく覚えられるし、リスニング力、スピーキング力も上がります。

 

この記事を読んで、英語学習や留学に興味を持ったあなたへ

 

以下の記事は、お金をかけず独学で会話できるようになるまでの方法をバカ丁寧に記述した記事ですので、よろしければ参考にしてください。

 

  • 英語を独学で学び、留学できるレベルまで引き上げたい方へ👉以下の記事で、僕の英語塾講師歴2年の経験をもとに海外の大学で英語で授業を受けられるレベルまでいける英語独学法、参考書を紹介しています。

【全ての英語を独学したい人へ】僕が偏差値48から独学で英語を運用できるまでに使ったおすすめの参考書、教材、英会話サービス、勉強方法の全て

2018.03.28

 

  • 最低限のドイツ語力を独学で身につけたい方へ👉以下の記事で僕が独学でドイツ語の初級レベルを卒業した最短勉強方法と参考書を紹介しています。

【ドイツ語初心者の第一歩から解説】ドイツに留学している僕が独学でドイツ語初級(A1,2,ドイツ語検定3級レベル)を攻略する際に使ったオススメ参考書と勉強法

2018.03.30

 

ドイツ留学に興味を持たれた方は、

  • ドイツ留学のメリットをもっと知りたい方へ👉以下の記事で僕がドイツで留学しているいるメリットを述べています。

【英語のみでいける?】英語圏ではなくドイツ留学に決めた、ドイツで学ぶ5つのメリット

2017.12.24

 

それでは。










シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 人の目を気にして何もできなかった高校時代の自分のような人が「自分の人生に可能性を感じまくり挑戦しまくる社会」を作ることが夢。 Twitterこちらからフォローお願いします。