【 引きこもり留学になっていませんか?】起こりがちな留学の4つの失敗理由と改善策

 

こんにちは。

ドイツ留学中の大学生、びよんど(@helahelao)です。

・留学に行く前に留学の失敗パターンを知っておきたい。

・留学で引きこもってしまっている自分が情けない。巻き返したい。

・留学をどうやったら自分に取って有意義なものにできるか知りたい。

本日はそんな声に答え、留学でありがちな失敗理由4選と留学をかけがえないものにする方法を解説します。

僕は大学一年生のカナダ留学、イギリス留学、そして現在のドイツ長期留学と割と多くの留学に行っている方なのですが、「こうしてればもっと伸びたな」と後悔していることが多々あります。また、最高に充実してる留学を送れる人、はたまた周りの引きこもってしまう友人を多く見てきた経験値からこの記事を書きます。

 

この記事でわかること

・留学で起こる4つの失敗パターン

・自分の留学を成功させるために必要な2つのマインドセット

 







留学の失敗理由1:来ればればなんとかなると思ったものの、来た後なんとかしない

 

 

「留学やワーホリは英語力なくてもとりあえずくることには意味がある」と僕は思っています。

しかし、とりあえず勢いで来たもののその後の大変な時期を乗り越える覚悟があるということが前提です。

詳しくは【英語喋れないけど留学に行っていいの?】悔しい気持ちを抱えたあなたへ、英語が喋れない2つの理由と最速で話せるようになる勉強法で解説しています。

 

【英語喋れないけど留学に行っていいの?】悔しい気持ちを抱えたあなたへ、英語が喋れない2つの理由と最速で話せるようになる勉強法

2018.05.22

 

英検純一級やTOEFL80超えの人でも適応するまでに時間がかかるのに、とりあえず勢いで「英語できねえけど、いくわ!」って来て、留学先で大変な思いをしないわけがありません。

必死で授業に喰らいついたり、恥をかく覚悟がないと留学は失敗すると思います。

 

留学の失敗理由2:英語の事前準備不足でアウトプットの機会を無駄にする

 

 

事前に英語の勉強が不足していて、留学の英語をしゃべる、アウトプットする機会を無駄にするというのも失敗パターンです。

単語や文法の基礎知識がないまま来た故に、現地でも日本でできる単語暗記や文法をやらざるおえないというのは控えめに言って超ダサいです。せっかく英語通じない環境に来たので、英語をアウトプット(しゃべる、運用する)しまくりましょう。

じゃないとお金払った意味ないです。留学前にしておくと留学を無駄にすることなく充実する最低限の英語学習法【留学やワーホリ前にせめてこれだけはやってほしい】海外で恥を書かない最低限のおすすめ英語参考書と独学勉強方法まとめを見てください。

【留学やワーホリ前にせめてこれだけはやってほしい】海外で恥を書かない最低限のおすすめ英語参考書と独学勉強方法まとめ

2018.05.09

 

留学の失敗理由3:プライドが高くて下手な英語を喋ろうとしない。恥を積極的にかかず引きこもる

 

 

プライドが高く、自分の下手な英語を聞かれたらバカにされるんじゃないかと不安になって英語を喋ろうとしないというのも失敗パターンです。

みんなが自分の発音を気にしてるとか思ったら大間違いで、皆自分の英語力をあげることしか頭にありません。

逆に授業や他の留学生と話す時に積極的に下手でも話すことで、恥をかきそれが成長につながります。だいたい、恥をかきたくないけど英語伸ばしたいっていう考えが甘すぎです。

かっこ悪い自分を見せたくないから英語話さず、友達もできず、結局引きこもってyoutube見てるみたいな事態になっている友人を多く見てきました。

恥はどんどんかいていきましょう。みんなあなたの英語力のなさなんて気にしてないですよ。【ギブしまくれば誰でもできる】英語ができなくても問題ない外国人の友達の作り方5ステップでは英語力がなくても海外の友人を作る方法を解説しています。

 

【ぼっちで悩んでませんか?】英語しゃべれなかった僕があみ出した留学先での海外の友達の作り方5ステップ

2018.02.09

 

留学の失敗理由4:人と比べて自分を見失ったり自己嫌悪に

 

 

人と比べて、自分を見失なったり自己嫌悪に陥ったりというのも失敗パターンです。

例えば、友人が留学中の長期休みにインターンやホームステイを始めるのを耳にして「自分も何かやらなきゃ」と焦るパターン

今までそんなこと考えたことなかったのに、「周りがやっているから自分をやらなきゃ不安」と自分を見失なったり

同じ期間一緒に留学しているのに他の人は「自分よりもたくさん友達もいて、英語も伸びてていいな」と他人と比べて自己嫌悪に陥るのはとてももったいない。

留学の目的やもともとの英語力はそれぞれ違います。それなのに他人と比べたり、同じことしてもあなたの留学は充実しません【日本に帰りたいとうつ気質になっているあなたへ】留学中不安でうつになりかけた僕が救われ留学を楽しめるようになった書籍まとめ他人と比べて留学中鬱になってしまった僕が、自分と向き合うようになり留学が充実するようになった本をまとめています。

【日本に帰りたいとうつ気質になっているあなたへ】留学中不安でうつになりかけた僕が救われ留学を楽しめるようになった書籍まとめ

2018.05.11

以下から、いかに留学を失敗せず、充実したものにできるかを書いていこうと思います。

 

留学を失敗させない対策1:明確なゴール決め、ゴールから逆算して行動する

 

 

自分がなぜ留学するか、留学どうなっていたいかという明確なゴールを描くことが大切です。

ゴールを描くことによって、自分がそれを達成するには何が必要かを逆算して考えられるようになり、自分を見失うことがなくなります。

例えば、「帰国後TOEIC950点とる」という目標を掲げたら、

・課題:今の自分に足りないのはリスニング力

・試作:飲みに行くなど留学生と毎日話して、積極的に英語を使う時間を増やす

 

と自分の行動を設定できます。

 

僕の場合は、

・目標:海外に来たい人のハードルを下げる、世界中で家に泊めてもらえるくらいの関係になる友人を作る

・課題:発信力が足りない、友人が日本の友達しかいない

・試作:ブログ、Twitterで発信。留学生の友達を作りまくるために毎週自腹でBBQ開催する

 

みたいな感じです。

 

留学を失敗させない対策2:比べるのは常に過去の自分

 

 

目標を立てたら、比べるのは常に自分にしましょう。

留学はだれのものでもなく、あなたのもの。あなたが立てた留学のゴールが達成されそうかどうかは、過去の自分と比べることだけでわかります

周りの目を気にせず、ちょっとでも過去の自分と比べて今誇れるものがあれば、あなたの留学は正解だったと言えます。

 

まとめ:留学の失敗理由と失敗しないために

 

留学の失敗理由と失敗しないために

失敗理由1:とりあえず来た後にがんばらない

失敗理由2:事前の英語力準備不足

失敗理由3:プライドが高くて下手な英語を喋ろうとしない

失敗理由4:人と比べて自分を見失う

 

対策1:明確なゴールを決め、行動を逆算する

対策2:比べるのは常に過去の自分

 

みなさんの留学が有意義になることをお祈りしています。

 

この記事を読み終わった方へおすすめの記事

 

 

【英語を独学したい全ての人へ送る勉強方法】僕がギャルに発音をバカにされてから、英語を苦なく話せるようになるまで使ってきたおすすめ参考書と勉強方法を徹底解説

2018.03.28

 

【英語を話したい純ジャパに告ぐ!】半年でできる純ジャパによる純ジャパのためのネイティブと対等に渡り合うまでの英語勉強法ロードマップ

2018.05.23

 

 

【留学やワーホリ前にせめてこれだけはやってほしい】海外で恥を書かない最低限のおすすめ英語参考書と独学勉強方法まとめ

2018.05.09

 

  • びよんどの詳細プロフィールおばあちゃんに褒められまくって調子に乗っていた幼少期から、全てがうまくいかない高校時代を経てドイツ留学している現在を書いています。

 

野尻悠貴(びよんど)のプロフィール〜失われたビヨンドを取り戻す〜

2017.12.03

 

疑問質問などあれば、ツイッターのDMか(こちら)、お問い合わせ欄までお寄せください。

 










シェアして頂けましたらありがたいです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

国際基督教大学(ICU)に通いドイツに留学している大学4年生です。 海外に行くハードルを極限まで下げる「独学のみで喋れるようになる英語学習」、「日本に疲れた人向けの海外ライフスタイル」、「海外留学、バックパック、インターン」の記事を書いていきます。 Twitterも毎日更新中。